廃鶏とは





廃鶏関連ニュース

廃鶏大全集
廃鶏大全集
自然卵養鶏法増補版
 比内地鶏をうたう加工製品の偽装問題発覚後、初めて公の場に姿を現した大館市「比内鶏」の藤原誠一社長(76)。疲れた表情で会見場に現れ、「死ぬ気で山の中をさまよっていたが死にきれなかった」と声を落とし、「大変なことをした」と石川徹総務課長と桜井久美営業課長とともに深々と頭を下げた。
最新廃鶏情報は・・・ゴーバルさんの▽あらびきチキン★100g【1025秋祭5】
偽装の指示については「私がした」と答えた。【村川幸夫】
 ――今までどこにいたのか。
 21日から車で妻と2人で近くの山をさまよっていた。死ぬ気でいたが死に切れなかった。消費者や生産者、県民に傷を付け申し訳ない。
 ――今の気持ちを。
 私を信じて協力してくれた社員に申し訳ない。今朝会社に「生きているから大丈夫」と連絡した
(引用 yahooニュース)


廃鶏他のニュース
 食品偽装はホント、底なしだ。今度は、秋田県大館市の食肉加工会社が「比内地鶏」と偽り、商品を出荷していたことが発覚。それも、卵を産まなくなった1羽数十円の“廃鶏”を「肉が硬く歯ごたえが出せる」と偽装に使っていたというから“確信犯”だ。 比内地鶏といえば、名古屋コーチン、薩摩地鶏と並ぶ、日本3大地鶏のひとつ。
最新廃鶏情報は・・・資源よ、よみがえれ新版
その名古屋コーチンも、今月、農業・食品産業技術総合研究機構の調査で、販売されている商品の約2割が偽装の可能性があるという疑惑が浮上した。「『安全でおいしい』というここ数年のブームに乗って、地鶏の生産量は右肩上がりです。とはいえ、鶏肉全体の2%も流通していない。それなのに『地鶏』の看板を掲げる飲食店は、街中にあふれかえっています
(引用 livedoorニュース)

廃鶏関連動画
inserted by FC2 system